2013年02月16日

続・レコーディング旅記録。ライブ・1年振り音源について。

前回のレコーディング記録の続きです。一山二山を超え、いよいよ完成となった我々のNEW音源。そしてそれを引っ提げたお披露目ライブがなんと2日後に迫っていました。




という事で2日後に行われたライブというのがコチラ!




t02200165_0640048012418091785.jpg




nacomunication -1通目-という、友達バンドのnaco主催のイベントに出させて頂きました(^^)




nacoの主催というと、昨年の9月にも行われた彼らの初主催ライブにも呼んで頂いて、今回も引き続き呼んで頂くというなんだか世話になりっぱなしのバンドです(笑)




リトマスカラーを始めてから広島の様々なバンドと知り合う事ができましたが、nacoについては僕が以前やっていたバンドの時からの付き合いで、今や知る人はほとんどいないであろう(笑)一番最初のメンバーの頃から見てきているバンドです。




何年かの時を経て幾度となくメンバーが変わっても、めげずに己の意思を貫き続けるタクヤ氏の姿には、同じバンドをしている者として見習うところがあります。そんな彼らのイベントにこうして呼んで頂けるというのは、個人的にも本当に嬉しい事です。




そしてこの日はメンツがとてつもなく素晴らしい方ばかり!東京のNUMBER VOGELさんに横浜からBARICANGさん、そして岡山からコンビニマンションテクニカラーさんと、名前だけでもかなりのビッグネームが揃うイベントとなりました。




BUNGY rock forestさんやゆうじさんは、この日は残念ながら僕は仕事が終わってからナミキに行ったので到着した時には既に終わっていました(汗)お話しもできれば良かったんですが、中々バタバタしてしまいそれもできず残念でした。また次回どこかで対バンできれば良いですね!




ナミキに到着したらコンビニマンションテクニカラーさんが丁度始まった頃でした。到着していきなり凄い勢いのライブに遭遇し、内心むちゃくちゃたまげてました(笑)ノリの良いものからキャッチーな曲まで、本当にカッコ良い!以前から広島でライブされる時に何度か見させて頂いた事はあるのですが、やっぱりいつ見てもカッコ良いの一言に尽きます。3ピースという演奏もアレンジもとても難しい編成なのに、あれだけのクオリティは見習わなくてはいけないですね。




その後はNUMBER VOGELさん。ライブを見るのは今回が初めてだったんですが、素晴らしい世界観を持ったバンドさんというのが直ぐに伝わってきました。演奏も抜群に上手いし、さすが百戦錬磨のツアーバンドさんはやっぱり違うなと、一音一音の説得力に納得させられてました。ライブのコントロールや演奏面等、見ていて非常に勉強になりました!




BARICANGさんもステージで一部始終見たかったのですが、出番がすぐ次だったので残念ながら叶わず。ただ、楽屋で音を聴いてて物凄いパワーが伝わってきて、一体フロアはどうなっているんだと気になってました(笑)なんというか、この日出てたバンドさんの持つオーラって本当に半端なかったと思います。僕らもそんなオーラを纏わないとダメですね(^^;)




そして凄まじい熱量の流れが続いた後にいよいよ僕らの出番。




l.jpg
(写真撮影:ティキン氏)




この日は衣装も若干統一性を持たせてみたり(やはりロックは黒だという事で黒ベースに)立ち位置も今までとは少し変えてみました。通常だとボーカルがセンターにくるのがセオリーですが、ボーカル・ギター・ドラムで小さいトライアングルを作り、フロント4人がまんべんなく見れるというところに焦点を合わせてみました。賛否両論あるかと思いますが、個人的には結構気に入ったフォーメーションなんですけどどうですか?(笑)




この日は今までとは雰囲気を変え、「ロックバンド」ぽさを出すというコンセプトで挑んでみました。勢いのあるロックをやられている方からすればまだまだ生温いとは思うのですが(笑)今までのポップな雰囲気だけではなくて、こんな事もできるんだよ!という意思表示として挑んだつもりだったのですが、見ている人にどれくらい伝わったかが不安ではあります(笑)けど、バンドとしての見せ方・コンセプトを大事にするという意味では、芯の通せたライブではなかったかなと思います。



ちなみに12日のセットリストはコチラ。


1.絶影(新曲)
2.恋愛カウントダウン
3.雨音の詩
4.白いスピカ



そして忘れてはならないのが、前回のレコーディング日記からの終着点となるコチラ!



125_RJ8925C8HW.jpg




2nd Demo Singleとなる「白いスピカ」の初お披露目☆




この曲自体は去年の秋くらいから欠かさずライブでも演奏してきてるので、聴いた事のある方も多いかなと思います。今回レコーディングするに当たって、曲をチョイスする際にメンバー全員迷わずこの曲を選択。それくらい思い入れの強く、自身を持って聴かせれる曲だと思っています。



前作に引き続き無料配布ですが、今回はちゃんとジャケット・歌詞カードも用意。星をイメージした曲らしく、遠く光る一等星(スピカ)をテーマに、星の世界観から宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」にインスパイアされ、歌詞カードも縦書きの古めかしい小説みたいな空気を出してみました。(全て僕の独断ですが(笑)




リトマスカラーってどんなバンドなんですか?と聞かれたら、こういうバンドですと答えられる、正に名刺変わりの一枚になったと思います。このポップな空気・聴く人を選ばない聴き易さはというのは僕らの真骨頂だと思っているので、そうした聴き易さを軸に添え、これからもいろんな事にチャレンジしていきたいと思います!



そしてトリは主催者のnaco。新しいメンバーになって見るのは2回目でしたが、段々と新しいメンバーも馴染んできたでは?という印象。最初期のnacoはオシャレなサウンドを基調にとても色鮮やかなバンドだったのですが、ある頃から一変ロックサウンドを追求していき(笑)そうした流れを踏んで、今年に入ったnacoを見ると、音の感じが初期の頃に戻ってきたようにも感じました。



実際のところは分かりませんが、ここ最近の雰囲気は僕の中でのnacoらしさみたいなものが以前より感じられて、個人的にはとても好みです♪最後に演奏した新曲なんか本当に昔のnacoを見てるようで、ちょっと懐かしくもなりました(笑)まだまだ進化の止まらない彼ら。僕は僕で頑張りつつ、陰ながら彼らの行き先を応援していきたいなと思います。



とまぁそんなこんなで1日も終わり(打ち上げは残念ながら僕は不参加。今回はバンドを代表してヒガシを送り込みました(笑)終わってみればレコーディングからライブまで、本当に慌ただしい数日間でした。




けれど、こうしてバンドらしい活動ができるのもメンバーのお陰でもあり、見に来て頂くお客さんだったり、色んな人が関わってくれているからなんですよね。そうした感謝の気持ちを忘れず、これからも邁進していきます!



終わってみればまたまた長文blogに、、、ここまで長くお付き合い頂いた方ありがとうございました(笑)次回は2月23日(土)福山MUSIC FACTORYです!
posted by リトマスカラー at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。